20代半ばの会社員女性です。

この年代になると周りは結婚式ラッシュ、多い時期は一か月で3件の結婚式に招待されました。

お呼ばれされることは嬉しいものですが、主役ではないといえど何度も同じドレスを着るのはさすがに気が引けます。

学生時代は「1枚もっていればいいから」と2〜3万円するドレスをきれい目のアパレルショップで購入していました。しかし、この年になると着づらいデザインだったため買い直しを検討。そんなときに、町田のヤング向けのファッションビルの一角にドレス屋さんがあるのを見つけました。

キャバ嬢が利用するというのもあるのでしょうが、ベーシックで着やすいデザインのパーティドレスも3000円から取り揃えられており、思わず何着も購入したくなるほど気に入ってしまいました。質の良いものを買うのも良いとは思うのですが、予算が決められている中で、さまざまなファッションを楽しみたいという方はリーズナブルなドレスショップで購入するのも悪くないと思います。アクセサリーなども充実しており、パッと見は数万円のものと大差なかったです。

そのショップを見つけてからというもの、年に1着程度のペースでパーティドレスを新調して結婚式などのイベントを楽しんでいます。

パーティドレス通販ドレスラボ
http://www.rakuten.co.jp/lilly-prom/

今では会話を広げるツールとして、スマートフォンは欠かせないと、先日の国際交流パーティーにおいても実感しました。

そのパーティーにおいて、私はボランティア通訳として参加したのですが、プロの通訳ほどには英会話ができるわけではありませんので緊張はMAX。それに、海外生活をしていたとはいえ、あまり英語を使わなくなってからのブランクも結構長いので、それほどまでには英語が次から次へとポンポン出てこなくって焦りました。

そこで会話を広げたアイテムと言えばスマホケースです。外国人のなかには、スマホを首から下げている人も多くって、ですからこそスマホケースはまず目に付くアイテムですよね。

なかには、ガンダムですとか、F1カーのステッカーをスマホケースに貼っている人もいて、そうなれば「ガンダム好きなの?」「それ、フォーミュラ1だねー」と、会話を投げることができるじゃないですか。

そして私のスマホケースがマリメッコのスマホケースであったことも、大いに会話を広げましたね。主にヨーロッパの国の出身者が多かったこともあって、マリメッコを知っている人は多かったですね。とくにデンマーク出身の人はマリメッコを熟知していて、しばらく北欧インテリアの話で盛り上がりました。

このようにスマホケースで会話が次々と広がることもありますので、会話のネタをステッカーなどにて、スマホケースに仕込んでおくのもアリだなぁ〜と思いました。

プリントカバーケースau > URBANO(アルバーノ)カバー、ケース
http://item.rakuten.co.jp/watch-tengoku/c/0000000671/

アメリカ西海岸生まれのブランド「NIXON(ニクソン)」の、ニクソンらしいシンプルなデザインが光るSENTRY(セントリー)シリーズのNA027001-00。黒の文字盤に赤い日付と曜日カレンダー機能が目を引きます。ベルトは斜めのラインが印象的な黒のポリウレタン。個性的且つ、つけやすいデザインの腕時計です。

人を選ばないシンプルなデザインにカラーリング。直径42mmの大きなケースはダイナミックに手元を彩ってくれる。
NA027100-00はNIXONの人気シリーズ、SENTRYの中でも一際使いやすい腕時計だ。
ブラックのベルトにシルバーのケース、文字盤はホワイトで大きなバーインデックスは、一目見て時間が分かる視認性の高さを
作り上げている。オーソドックスなカラーリングだが、その中に飽きさせない工夫をしている。文字盤の中央、長針と短針の
付け根に、竜頭の面の部分に鮮やかなレッドのカラーを使用。これが主張しすぎない良いアクセントとなり、長年愛用できる
腕時計となっている。ベルト素材をポリウレタンにしており、このおかげで軽く、より手首にフィットし長時間の使用でも
疲れさせない。そのため普段使いにもできるし、1日中身に付けておかねばならない仕事の時にも使用できる。若い世代にも
年配の世代にもマッチする、正しく長年愛用できる腕時計だ。

ニクソンバックパック専門店|ニクソン天国

私は、わりといつもカジュアルな格好をしているんです。デニムは1年中はいているし。カジュアルというよりは黒をベースにした、ちょっとハード系です。

そうなるとですね。いわゆるレディースのお財布ってあわないんですよ。かわいいなって思うんですが、実際使ってみると、財布だけが浮いている感じです。

色は黒やこげ茶といったダークなものにするんですけど、それでもやはり形や細部が女性らし過ぎるんです。

そんな理由からこの数年は、メンズの財布を使っています。メンズ財布って大きくて、いろいろ入るのに形がスッキリしているものが多いんです。

私はバッグを持たずに財布だけで歩くことがよくあるので、そういう時も持っていて気恥ずかしくないですね。

で、今回ちょっとお金があったので、思い切ってクロムハーツの三つ折りレザー財布を買っちゃいました。高かったですよ。

確かに。でも物を見たらそんなのが吹っ飛んでしまいます。

まずレザーのさわり心地がいい。ある程度の厚みがあって、手にしっくり収まります。余計な飾りはなくて、表面にふたつついているクロスボタンがいいアクセントになっています。

札入れ部分以外に、ジッパー付きの小銭入れとカードが一枚入るポケットがついています。

けど、この小銭入れはコインが出てきにくいので使っていません。たくさん入れると、ごろごろしそうな気がします。コインは別に持つことにしています。

なにしろ初めてのクロムハーツなので、にやにやしながらシルバーのクロスボタンを磨いたりしています。
クロムハーツのシルバーアクセなら、こちらのショップを見てみると良いかと思います。
クロムハーツ ペンダント | クロムハーツ通販専門店-Chrome Hearts シルバーバレット